坐骨神経痛の早期発見法 はつらつかわら版
はつらつかわら版
スポンサードサイト
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2

座骨神経痛の注意信号

坐骨神経痛の早期発見法

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は、何らかの原因で坐骨神経が圧迫される事で痛みが生じ、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みがあり ます。
坐骨神経は、臀部、太ももの裏など、下半身の後ろを通っているため臀部から足の指の範囲に症状が出る ことが多いので、かかとや足の裏まで痛みがある場合もあります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は、腰痛の次に多く見られますが、原因となる部分が、腰椎なのか、お尻の筋肉なのか、太ももの筋肉なのか検査をしませんと解りませんし、 現れている症状は同じように見えても、転倒や怪我など、ハッキリしている場合もありますし、原因によって対処法は違ってきます。

その他、骨と骨の間にある軟骨がずれる椎間板ヘルニア、神経が通っている背骨の中央にあるトンネルが、主に老化により狭くなってしまう脊柱管狭窄症、腰の骨のある部分が切れてしまい、レントゲンで確認出来る腰椎の分離・すべり症、スポーツや仕事などで腰や股関節などに負担がかかり続けると、坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛の症状が現れます。
筋肉細胞中のカルシウムイオン濃度のバランスが崩れ、筋肉の異常収縮・異常緊張がおこる、カルシウム不足によるもの等があります。
坐骨神経痛の初期症状
座骨神経痛は、臀部から膝下あたりまで、シビレを感じる。

坐骨神経痛の症状

 ◇ 腰の痛み、臀部の痛みがある。
 ◇ 太ももの裏、足へかけての痛がある。
 ◇ 体を動かすと痛みやしびれが強くなる。
 ◇ 痛みのため歩行が困難になる。。
 ◇ 足に力が入らなくなる。
 ◇ 足の筋肉が左右で差が出てくる。

坐骨神経痛の注意点
ほとんどの場合は、片側のお尻や下肢に痛みやしびれが出ますが、両側に症状が出ている場合は早急に病院へ行きましょう。悪化すると肛門周囲へしびれが生じたり、排尿障害になることもあります。

坐骨神経痛の予防法

腰のトラブルを防ぐには腹筋、背筋の強化と足の裏筋の柔軟性を保つ事が重要ですので、お薦めは、歩くときに胸を張って姿勢を整える、これだけでも腹筋、背筋が強化されますが、足筋肉の柔軟性(膝裏の筋が重要)を上げる運動を加えますと、もっと効果があります。
例えば股割りなどを、少しづつ毎日続ける事で、随分と防げます。

坐骨神経痛になってしまっている方は、その場足踏みなどで股関節の強化を促す運動が、改善には特に効果があります。
それと、カルシウムの摂取と日光、日に15分ほどは必ず日光を浴びましょう。
スポンサードサイト

坐骨神経痛の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.