爪もみ健康法 はつらつかわら版
はつらつかわら版
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2
 スポンサードサイト
爪をもむ健康法
爪もみ健康法

爪もみ治療は手軽に出来ます。

寝つきの悪い人、胃弱の人などに、手軽に出来る爪もみ治療は、だいぶ前から言われて来た、簡単な割りに効果が大きい方法ですので、忘れている部分を某雑誌の記事を参考にお伝えします。

まず、もみ方ですが人差し指と親指で、爪の付け根、両サイトを少し痛みを感じる程度の力で、圧したり緩めたりを繰り返しながら、一指10秒から20秒ほどもみます。(日に2回から3回がお勧め)

先にお伝えしますが、薬指はもまないで下さい。(交感神経を刺激するため。)

親指・・・アトピー・ぜんそく・リューマチ・ドライマウス
     円形脱毛症。

人指し指・・胃、十二指腸潰瘍・胃弱

中指・・・耳鳴り・難聴。

小指・・・ボケ・物忘れ・不眠・メニエル病・高血圧・糖尿病
     肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア・動悸・頭痛・腎臓病
     頻尿・尿漏れ・精力減退・肝炎・脂肪肝・しびれ
     ダイエット・生理痛・更年期障害・自律神経失調症
     うつ状態・花粉症の改善などなど。

他にも色々と有りますが、主に以上の症状に効果が期待出来ます。
多くのツボが小指に集まっている事がお判りと思いますが、皆さん薬指以外を全部揉まれるようです。

美容にも効果がありますから、特別悪い所が無くても習慣にして下さい。と言っても継続するのはなかなか大変ですが。
 スポンサードサイト

爪もみ健康法 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.