胆のう炎の早期発見法 はつらつかわら版
はつらつかわら版
スポンサードサイト
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2


胆のう炎の注意信号

胆のう炎の早期発見法

胆のう炎とは

胆汁は、肝臓でつくられて「胆のう」という袋に蓄えられ、そして、必要に応じて胆管と呼ばれる管を通って十二指腸のなかに排出され、腸の消化吸収を助け、不要な脂溶性の老廃物を体外に出す「排出機能」受け持っています。

この、胆管や胆のうが炎症を起こした状態が胆のう炎。で、急性胆のう炎、慢性胆のう炎、無石胆のう炎、気腫性胆のう炎と様々な胆のう炎があります。

胆のう炎の原因

急性胆のう炎は、約9割が胆石によるもので、胆石が胆管や胆のうに詰まって、胆汁の流れが停滞すると、細菌が胆汁に感染して炎症を起こし、細菌感染の多くは大腸菌などの腸内雑菌が原因となっています。
無石胆のう炎の場合は、細菌感染が主な原因ですが、長年の静脈の栄養補給によって発症することもあります。
胆のう炎の初期症状
右わき腹の痛み。食後数十分から数時間ぐらいに出やすい。

胆のう炎の自覚症状

 ◇ 腹痛。
 ◇ 背中が痛む。
 ◇ 発熱。
 ◇ 吐き気。
 ◇ 黄疸がでた。

胆のう炎の注意点
もともと胆石をもっている人がかかりやすく、高齢者は、胆管炎が急激に悪化することがあるので注意が必要です。
又、狭心症などの心臓の病気と間違われやすい。

胆のう炎の予防法

 ◇ 暴飲暴食を止める。
 ◇ 脂肪分の多い食事を止める。
スポンサードサイト

胆のう炎の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.