心臓神経症の早期発見法 はつらつかわら版
はつらつかわら版
スポンサードサイト
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2

心臓神経症の注意信号

心臓神経症の早期発見法

心臓神経症とは

胸痛、動悸(どうき)、息切れ、呼吸困難、めまいなど、心臓病によくみられる症状を示しているにもかかわらず、心臓を検査しても何も異常が見つからないものを、心臓神経症といいます。


心臓神経症の原因

心臓神経症は、心臓病というより、こころの病気というほうが正しいといえます。
ストレス、過労、不安感などは、心臓のはたらきを活発にする交感神経を刺激しますので、すると、心拍数が増え、動悸を強く感じたりします。

神経質な人や、心臓病に対して不安感を抱いている人などは、一度こうした症状を感じると、「自分は心臓病ではないか?」という不安が生まれ、その不安が徐々に大きくなるにつれて、症状を感じるようになってしまうのです。

心臓神経症の初期症状
 強い動悸がする。

心臓神経症の自覚症状
 ◇ 息切れがする。
 ◇ 呼吸が苦しい。
 ◇ 胸が痛む。
 ◇ 手足が震える。
 ◇ 暑くも無いのに汗が出る。
 ◇ 目まいがする。

心臓神経症の注意点
その痛みは、一見、狭心症の症状と似ています。

心臓神経症の予防法

 ◇ ストレスを溜めない。
 ◇ 運動などで、新陳代謝を上げる。
 ◇ 過労に注意する。
スポンサードサイト

心臓神経症の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.