脳脊髄液減少症 はつらつかわら版
はつらつかわら版
スポンサードサイト
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2


脳脊髄液減少症の注意信号

脳脊髄液減少症の原因と症状

脳脊髄液減少症とは

脳脊髄液減少症とは、脊柱から脳内を満たしている液が何らかの原因で減少することで、脳が定位置より下がる事から起きる様々な症状の病気を言います。
医学界では長い間、脳脊髄液減少症はほとんど病気として認められていなかったそうです。
しかし、2000年当時、平塚共済病院脳神経外科部長であった篠永正道医師が「髄液が漏れている患者が非常に多い」ことを発見したが、医学界ではほとんど注目されなかったため、自分で研究を続けた事で、「むち打ち」などでも髄液が漏出することがあると主張されるようになり、やがて、腰の重い厚生省も認めるようになった病気です。

脳脊髄液減少症の原因

事故などで脳脊髄液が、脳脊髄液腔から漏れることで減少する、又は、長期間の水分不足で硬膜が破れ、液がもれてしまう事が主な原因になります。
脳脊髄液減少症の初期症状
初期には、立ちくらみが多くみられる。

脳脊髄液減少症の自覚症状

 ◇ めまい。
 ◇ 疲労感。
 ◇ 吐き気。
 ◇ 頭痛。

脳脊髄液減少症の注意点
真夏の水分不足、特に長期間の不足は危険です。
食事から摂る水分の他に、2リットルほどが必要とされています。
アルコールの水分は除外されます。

脳脊髄液減少症の予防法

 ◇ 充分な水分補給。
 
スポンサードサイト

胆のう炎の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.