メニエール病の早期発見法 はつらつかわら版
はつらつかわら版
スポンサードサイト
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2


メニエール病の注意信号

メニエール病の早期発見法

メニエール病とは

メニエール病の特徴に、内リンパ水腫による三半規管と蝸牛の障害により、激しいめまいの反復と、難聴・耳鳴りと発作的めまいが同時に起きる症状があります。


メニエール病の原因

内耳を満たしている内リンパ液が過剰になると内(ない)リンパ水腫(すいしゅ)になりますが、この状態によってメニエール病が起こると考えられています。
しかし、この内リンパ水腫がなぜ起こるのかについては不明ですが、先進国に生活する人に多く、発展途上国の人には少ないことから、ストレスがこの病気の発症に関係しているといわれています。

メニエール病は女性に多く、発症年齢は30歳台後半から40歳台前半の年齢に多いとデータが出ていますが、過度のストレスを受けますと、60歳代の年代での羅病もあります。

激しいめまいは、普通30分くらいから数時間続き、めまいの軽減とともに耳鳴り、耳の閉塞感、難聴は軽くなったり消失したりします。しかし、めまいを何回も繰り返しているうちに、めまいがおさまっても耳鳴りや難聴は軽減しないようになります。
メニエール病の初期症状
初期はめまいの発作時に耳の閉塞感や圧迫感など耳が詰まったような感じを受ける。
めまいを繰り返す間隔は人によって違い、数日、数週間、数カ月、あるいは1年に1回などさまざまです。

メニエール病の症状
 ◇ 低い音が聞き取りにくい。
 ◇ めまいがする。
 ◇ 耳鳴りがする。
 ◇ 吐き気がする。
 ◇ 動悸が激しい。

メニエール病の注意点
メニエール病は、それほど多い病気ではありません。メニエール病は内耳の病気で、片側の内耳の障害ですが、時には両側とも障害されることもあります。

普通、めまいは長くても数時間でおさまるので、楽な体位で休む事は非常によい対応といえますが、めまいの発作はメニエール病とは限らず、他の生命に関わる病気かもしれないので、至急専門医の診察を受ける事をお勧めします。

メニエ−ル病の予防法
 ◇ ストレスを溜めない。
 ◇ 疲労に気をつける。
 ◇ 充分な睡眠をとる。
スポンサードサイト

メニエール病の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.