呼吸法で健康に はつらつかわら版
はつらつかわら版
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2
 スポンサードサイト


呼吸で行う健康法

呼吸法で健康に

呼吸健康法

人は一生の間に6〜7億回ほど息をすると云います。
人の生きてゆく源、水、食料、空気の内、健康問題となりますと、ニュース量は、まずは栄養、次に水、最後に空気の順で、空気が無ければ即、死に繋がるのにもっとメデアで呼吸(酸素)の事を取り上げて欲しいと思っていましたら、先日、朝のTV番組で呼吸による健康法が放送されました。

簡単に言いますと腹式呼吸を意識的に行うと、動悸、息切れの予防になるとの短い時間の放送で物足りませんでしたが。

昔から、ヨーガや武道では呼吸が重要な要素ですし、呼吸によるダイエット法や健康法を広げようと努力しておられる方もいらっしゃいますが、共通しているのは鼻呼吸で、深く長い呼吸ですから、良い所取りで、私が薦めるのは全く単純で、息苦しくならない範囲で出来るだけ吐くのも吸うのも長い呼吸をすると云う簡単な方法です。

長年、無意識に続けてきた呼吸を、深く長い呼吸を習慣ずけるのは無理な話ですから、思い出したときに行う様にするだけでも浅い呼吸を続けたために起こる自律神経の狂いや、免疫力の低下を防げます。
但し、真夏の東京で外出時には臭くて出来ません。

特に入浴中などに瞑想のつもりで、目を閉じ眉間に意識を集めて身体の力を抜いてリラックスしながら10分ほども行いますと、気持ちまで軽くなります。 眠って溺れないで下さい。

強いストレスを抱えている人、大きな悩みのある人、皆、前屈みで呼吸が浅いのは外見で判りますよね、胸を張り、深く長い呼吸をしましょう。
幾らかでも心身のコントロールになります。

深くゆっくりと長い呼吸は、充分な酸素を身体に送り、副交感神経の働きがスムースになり、ホルモンの分泌を促し、免疫の働きが正常になりますし、何故か心配事が小さく感じる様になります。
 スポンサードサイト

呼吸法で健康に はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.