慢性肝炎の早期発見法 はつらつかわら版
はつらつかわら版
スポンサードサイト
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2


慢性肝炎の注意信号

肝炎の早期発見法

慢性肝炎とは

肝炎(かんえん)とは、何らかの原因で肝臓に炎症が起こり発熱黄疸全身倦怠感などの症状を来たす疾患の総称です。

慢性肝炎は急性肝炎が治りきらずに、肝細胞の破壊と修復が6ヶ月以上にわたって絶え間なく続いている状態をいいます。肝臓病の中で一番多いのがこの慢性肝炎で、一部は肝硬変へ進むことがあります。

慢性肝炎の原因
肝炎の原因は、お酒の飲みすぎによるアルコール性肝炎、肝臓に脂肪が溜まる非アルコール性脂肪性肝炎、医薬品による副作用が誘引の薬剤性肝炎、免疫力低下に自己免疫性
肝炎、ウイルスの感染によるウイルス性肝炎、などが原因があります。

慢性肝炎の初期
 ◇慢性肝炎の初期には殆ど自覚症状は無いので定期健診で見つかる事が多い。

慢性肝炎の症状

 ◇ 体がだるい。
 ◇ 吐き気がする。
 ◇ 食欲が無くなった。
 ◇ 急にお酒に弱くなった。
 ◇ 白目の所が黄色になる。

慢性肝炎の予防法
 ◇ 良質なたんぱく質をしっかり摂る
 ◇ ビタミン、ミネラルをたっぷり摂る
 ◇ 高カロリーの食品は避ける。
 ◇ 食事は三食規則正しく摂る
 ◇ 添加物や加工食品は、出来るだけ避ける
 ◇ 一番大事な禁酒、お酒は絶対止める。
 ◇ 糖分は控えめにする。

慢性肝炎の注意点
肝硬変の初期はほとんど症状がありません。進行して非代償性肝硬変になると腹水、浮腫、消化管出血、黄疸、発熱、意識障害などがみられます。
スポンサードサイト

慢性肝炎の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.