十二指腸潰瘍の早期発見法 はつらつかわら版
はつらつかわら版
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2
スポンサードサイト


十二指腸潰瘍の注意信号

十二指腸潰瘍の早期発見法

十二指腸潰瘍とは

十二指腸潰瘍とは、胃と小腸の間にある管で、脂肪の消化を助ける部分です。
この部分がストレスなどで潰瘍が発症することです。



十二指腸潰瘍の原因

十二指腸潰瘍の原因のうち、ピロリ菌を誘引とする十二指腸潰瘍が95%で、ピロリ菌以外の誘引として重要なのは、アスピリンと、関節リウマチやかぜなどの治療に使用されている、多数の非ステロイド性消炎鎮痛薬などの、薬剤が原因とされています。

十二指腸潰瘍は、過酸症(胃酸過多)であることが圧倒的に多く、10〜20代の若年者に多くみられ、胃酸の影響を受けて潰瘍を形成するものを、消化性潰瘍と呼ばれています。

非ステロイド性消炎鎮痛薬は、胃酸から胃粘膜を守るうえで重要な役目をしているプロスタグランジンの合成を抑制する作用をもっています。
そのため、非ステロイド性消炎鎮痛薬を服薬すると、胃の防御機構が低減して潰瘍を形成してしまいます。

非ステロイド性消炎鎮痛薬に由来する潰瘍の特徴は、上腹部痛などの症状を伴わない例が多いので、治療を受けないまま悪化して出血を起こしたり、難治性の潰瘍に移行する例が多いといわれていますので、非ステロイド性消炎鎮痛薬を飲まれた人は、注意が必要です。
十二指腸潰瘍の初期症状
 ◇ 非ステロイド性消炎鎮痛薬による潰瘍の場合は、初期には痛みを感じない事もある。

十二指腸潰瘍の自覚症状

 ◇ 空腹時に胃の辺りが痛む。
 ◇ 吐き気がする。
 ◇ 胸やけがする。
 ◇ 背中の中心部に痛みを感じる。

十二指腸潰瘍の注意点
十二指腸潰瘍は、市販の胃腸薬で症状を感じなくなり、しばらく症状が表れずに済む事も有りますが、しっかりと治しませんと繰り返しますし、重くなると出血がおきます。

十二指腸潰瘍の予防法
 ◇ 刺激の強い飲み物、食材を避ける。
 ◇ ストレスの軽減を図る。
 ◇ 規則正しい生活をする。
 ◇ 添加物や加工食品は、出来るだけ避ける。
 ◇ 糖分は控えめにする。
 ◇ 海草を摂る。

*海藻のヌルヌル成分の中に含まれる多糖体は、潰瘍の原因菌であるピロリ菌を減らす作用があり、又、出来てしまった潰 瘍の修復や、胃・十二指腸の障害などの予防に役立つといわれています。
スポンサードサイト

十二指腸潰瘍の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.