助間神経痛の早期発見、早期治療を、はつらつかわら版
はつらつかわら版
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2
 
スポンサードサイト

肋間神経痛の注意信号

肋間神経痛とは

肋間神経痛は、背中や体の側面部分に強い痛みが発生する神経痛の一種です。
肋間神経痛は、脊髄神経が何らかの原因で圧迫されて痛みが起きる神経痛で、背中、胸部、腹部に分布する末梢神経である「肋間神経」が、咳、くしゃみ、深呼吸や体の無理な動きによって圧迫されることによって、突如として背中、腋の下、胸の辺りに痛みが出る症状です。

肋間神経痛の原因
原因は多種多様であり、脊髄のゆがみ、脱臼、椎間板ヘルニア、骨粗しょう症による圧迫骨折、等など、神経を圧迫する可能性がある要因が原因になります。

そして、圧迫とは関係の無い帯状疱疹、感染症、腫瘍、心臓病、脊髄の病気、神経根障害などが原因で、神経痛を発症することもあります。

その他にも、原因が不明の場合も少なくありません。脊椎の炎症、大動脈瘤、胸膜炎など、様々な病気の初発症状の場合があるので注意が必要です。

肋間神経痛の初期症状
突然、背中、腋の下、胸の辺り激痛が発症して、その痛みは、一見、狭心症の症状と似ています。

肋間神経痛の注意点
痛みと、呼吸が苦しいという症状は、「肺気胸」(肺に穴が開く病気)のこともあります。また、結核、大動脈瘤、胸膜炎等の予兆の場合もありえますので、早急に、診断を受けることをお薦めします。

肋間神経痛の症状は、決まった皮膚や粘膜の刺激で触発されますので、この部分を度重なる発作に困った時には、刺激しないように工夫することが大事です。
スポンサードサイト

肋間神経痛の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.