慢性腎臓炎の早期発見法 はつらつかわら版
はつらつかわら版
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2
スポンサードサイト


慢性腎臓炎の注意信号

慢性腎臓炎の早期発見法

慢性腎臓炎とは

慢性腎臓炎は、腎臓の機能が低下し、血中の老廃物が排泄できなくなる病気です。
腎臓は、血液をろ過し、余分な老廃物や塩分を取り除くという、重要な役割を担っていて、さらに、赤血球を作るホルモン、エリスロポエチンを作り、全身に酸素を行き渡らせたり、血圧を調整したりするなど、生命を維持する上で欠かすことのできない臓器です。

慢性腎臓炎の原因

誰でもその機能は、年齢とともに低下していきますが、メタボリックシンドロームになると、高血圧、高血糖などが原因で全身の血管が動脈硬化を起こします。

もちろん、腎臓の血管でも同じことが始まり、腎臓には糸球体といわれる血液をろ過する腎臓の血管が無数に存在しますが、この一つ一つが動脈硬化を起こすことで、ろ過する能力が低下します。

日本でも、この慢性腎臓病が急増中で、ほぼ1割の人、1100万人の腎機能が60%以下に低下していると言われていて、 新たな国民病として注目されています。
慢性腎臓炎の初期症状
腎臓は、沈黙の臓器と言われるほど、腎機能が60%ぐらいに落ちても、はっきりとした症状が出ません。

慢性腎臓炎の自覚症状

 ◇ 身体がだるい。
 ◇ 朝から足がむく。
 ◇ 多尿になった。
 ◇ 疲れやすいくなった。
 ◇ 頻尿になった
 ◇ 頭痛がする。

慢性腎臓炎の注意点
最近の調査で、メタボリックの人はそうでない人と比べて、慢性腎臓病になる危険性が、2.2倍にのぼるデータが出ています。
内臓脂肪の増加に注意しましょう。

慢性腎臓炎の予防法

 ◇ 軽い運動を毎日続ける。
 ◇ 低カロリーの食事を心がける。
 ◇ 体重の増加に注意する。
 ◇ 血糖値に注意する。
 ◇ コレストロール値に気をつける。
 ◇ タンパク尿に気をつける。
スポンサードサイト

慢性腎臓炎の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.