糖尿病の早期発見法 はつらつかわら版
はつらつかわら版




























更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2
スポンサードサイト


胃酸過多症の注意信号

胃酸過多症とは

食物の消化と共に、体内に取り込まれた菌の殺菌を行うために胃壁の細胞から分泌される胃酸、この胃内を一定以上の酸性に保っている胃液が、何らかの要因によって胃酸の分泌が多くなる、又は、酸度が高くなり胸焼けや空腹時の痛みおこす症状が、胃酸過多症と呼ばれています。
尚、空腹時の胃痛でいちばん疑われるのは、胃酸の分泌が多いために胃が荒れて痛みを伴う「胃酸過多症」です。

反対に、胃液の分泌が少なくなったり、分泌が無くなったりする状態で、胃の痛みや胃もたれなどが現れる事を、低酸症、及び、無酸症があります。

胃酸過多症の原因

1、睡眠不足、過労、偏った食事など、間接的に胃に負担をかけている。

2、コーヒー、香辛料の強い料理、炭酸飲料、塩分の濃い食事、アルコール、
  炭酸飲料、タバコ、糖分などをとり過ぎている。

3、ストレスの蓄積で胃腸に負担をかけ続けている。

4、他の様々な消化器系の病気が誘引になっている。
  (例、慢性胃炎・食道裂孔ヘルニア・胃潰瘍・十二指腸潰瘍)
胃酸過多症の初期
油分の多い、又は、甘いものを食べた後に、胸焼けがする。

胃酸過多症の症状
 ◇ 食後2,3時間後に胸やけがする。
 ◇ 胃もたれがする。
 ◇ げっぷが多い。、
 ◇ 空腹時の胃の痛み、
 ◇ 胃液が口までこみ上げてくる。
 ◇ 軟便、又は、下痢が続いている。

胃酸過多症の予防
○ 油分の多いものや脂肪分の多い食事を控える。
○ 規則正しい生活を心がける。
○ 食べすぎ飲みすぎを控える。
○ 糖分、塩分の取りすぎに注意する。
○ 香辛料の強い食事は控える。
○ コーヒー、タバコを控える。
○ ストレスの解消法を見つける。
○ 冷たい飲み物を控える。

胃酸過多症の予防法注釈
胃酸過多症の症状に対して、診察を受けずに胃酸過多症と自己判断し、市販の胃薬を服用して症状を抑えるのは、他の消化器系の病気、特に、早期の胃がんを見逃す危険性につながります。
スポンサードサイト

糖尿病の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.