胃炎・胃潰瘍の早期発見法 はつらつかわら版
はつらつかわら版
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2
スポンサードサイト

胃炎・胃潰瘍の注意信号

胃炎・胃潰瘍の早期発見法

胃炎・胃潰瘍とは

胃炎・胃潰瘍は、胃の内部、胃粘膜が炎症、又は、胃壁までが傷ついて潰瘍を発病していることです。




胃炎・胃潰瘍の原因
慢性胃炎は、胃に刺激が繰り返し加わることで慢性的に炎症を起こしている状態です。
過度の喫煙や飲酒、 加齢による胃の老化、 ピロリ菌の感染、ストレスなどが原因になります。

胃潰瘍は、胃酸が胃粘膜まで消化してしまい、胃壁がただれて傷がついて潰瘍をおこします。

脳や肺、肝臓などの慢性病や、解熱消炎鎮痛薬、降圧剤などを継続して服用していると胃酸過多な状態になり、胃潰瘍の起きる原因になることもあります。
その他、ビタミンCのような刺激の強いサプリメントなども原因になります。
胃炎・胃潰瘍の初期症状
常に胃に不快感がある、又、 自覚症状のない場合もある。

胃炎・胃潰瘍の自覚症状
 ◇ 胃がもたれる。
 ◇ 食後に痛む。
 ◇ 空腹時に痛む。
 ◇ 食欲不振。
 ◇ 胸焼けやがする。
 ◇ 時々吐き気がする。
 ◇ 食道が焼ける感じのゲップ

胃炎・胃潰瘍の注意点
他の病気で飲む薬や胃カメラの後遺症での発症もあります。

胃炎・胃潰瘍の予防法
 ◇ ストレスを溜めない。
 ◇ 運動などで、新陳代謝を上げる。
 ◇ 低体温、冷えを改善する。
 ◇ タバコを止める。
 ◇ お酒は控えめに。
 ◇ 規則的な生活をする。
 ◇ 刺激の強い食品、飲み物は控えめに。
 ◇ 甘いものは、控えめに。
スポンサードサイト

胃炎と胃潰瘍の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.