メニエール病の早期発見法 はつらつかわら版
はつらつかわら版
スポンサードサイト
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2


慢性閉塞性肺疾患とは。

慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん)とは、肺胞が壊れたり気管支粘液腺の肥大が起き、息を吐くときに空気の量が減少して慢性的に気道がふさがってしまう状態になることを言います。
そして、この息の吐きづらさのことを「気流制限と呼びます。
肺気腫と閉塞性肺疾患共に、英語のChronic Obstructive Pulmonary Diseaseの頭文字からCOPD(シーオーピーディー)と呼ばれています。

日本では厚生労働省の統計によると、2005年に14,416人(全死亡数の1.3%)がCOPDにより死亡し、死亡原因の10位、男性に限ると7位を占めています。

慢性閉塞性肺疾患の原因
慢性閉塞性肺疾患は、主に、喫煙により肺に慢性炎症が生じると考えられていますが、幼少時の気管支炎や肺炎、大気汚染、何らかの有害物質の吸入などが関係している可能性も考えられています。

慢性閉塞性肺疾患が起こる最大の原因は喫煙ですが、この病気になるのはタバコを吸う人の約15.20%にすぎません。

パイプや葉巻を吸う人は、タバコを吸わない人よりも慢性閉塞性肺疾患になりやすい傾向がありますが、紙巻きタバコを吸う人ほど発症率は高くありません。

加齢とともに、タバコを吸う人の肺機能はタバコを吸わない人よりも急速に低下します。禁煙に踏み切っても、肺機能はほとんど回復しません。

しかし、禁煙によって肺機能の低下する速度がタバコを吸わない人と同程度になるため、症状の進行はゆるやかになります。

慢性閉塞性肺疾患は、特定の家族に高い頻度で発症する傾向があるため、遺伝すると考えられています。
化学物質のガスやほこりに満ちた環境(職業性肺疾患: はじめにを参照)で働くことによって、慢性閉塞性肺疾患にかかる可能性は高くなります。大気の汚染や近くでタバコを吸っている人の煙(受動喫煙)にさらされると、慢性閉塞性肺疾患が発症したり、その症状が悪化したりします。

慢性閉塞性肺疾患の初期症状
階段の昇降や坂道での息切れ、息苦しさ。

慢性閉塞性肺疾患の症状
 ◇ わずかな運動での息切れ。
 ◇ 少し歩いただけでも呼吸が苦しい。
 ◇ 慢性的にセキ、痰が続いている
 ◇ 息を吐き出す時に口をすぼめる
 ◇ 頭痛が続いている
 ◇ むくみが引かない。
 ◇ 満腹状態になると非常に息苦しくなる。
 ◇ 次第に痩せてきた

慢性閉塞性肺疾患によって気道がふさがってくると、閉塞によって空気が肺の中に閉じこめられるため、息を吐ききった後も肺に残る空気の量が増加します。

また、肺胞の壁の内部にある毛細血管の数が減少します。そのため、肺胞と血液の間で行われる酸素と二酸化炭素の交換がうまくいかなくなります。

慢性閉塞性肺疾患の発症初期の段階では、血液中の酸素濃度は低下していても、二酸化炭素濃度は正常のままです。
発症後期の段階になると、血液中の二酸化炭素濃度は増加し、酸素濃度はさらに低下します。

血液中の酸素濃度の低下は骨髄を刺激し、多くの赤血球が血液中へ送りこまれ、この状態を二次性の赤血球増加症といいます。

慢性閉塞性肺疾患の急性増悪が起こると、症状が急激に悪化します。急性増悪とは、せき、たんの増加、息切れなどの症状の悪化です。たんの色は、白色から黄色や緑色に変わることが多く、発熱や全身の痛みがときに起こります。

息切れは安静時にも起こり、入院が必要なほど悪化することもあります。ひどい大気汚染、さまざまなアレルゲン、ウイルスや細菌への感染などが急性増悪の原因です。

慢性閉塞性肺疾患の注意点
一度壊れた肺胞は再生することは出来ません。つまり完治は不可能な病気ですから、肺気腫に罹患しないことが重要です。それにはまず禁煙をすることが最大限の予防と思われます。

日本では40歳以上の8.5%(男性13.1%,女性4.4%)、COPDの潜在患者は530万人以上と推測されていますが、治療を受けているのはそのうち5%未満といわれています。

たとえば、1日に40本、20年間喫煙している場合は40×20=800で、喫煙指数は800。この指数が700を超えるとCOPDだけでなく、咽頭ガンや肺ガンの危険性も高くなるといわれています。

喫煙指数が同程度の男女を比較すると、男性よりも女性のほうが重症化しやすい傾向があるとわかっています。

慢性閉塞性肺疾患の改善法
 ◇ タバコを吸わない。複流煙にも気をつける。
 ◇ リコピン(トマトジュース、スイカ)を摂る。
 ◇ ビタミンC、E、ベータ・カロテンを摂る
 ◇ 風邪を引かないように注意する。
 ◇ 有酸素運動で呼吸筋を鍛える。
 ◇ 脂肪分を含んだ食品も取り入れたバランスの取れた食事。
スポンサードサイト

メニエール病の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.