微小血管狭心症の早期発見法 はつらつかわら版
はつらつかわら版
スポンサードサイト
更年期障害のお悩みに
マカ・サポート
関節の痛みと炎症に
キャッツクロー
リンクモスト
 リンク集ー1
 リンク集ー2


微小血管狭心症の注意信号

微小血管狭心症の早期発見法

微小血管狭心症とは

微小血管狭心症は、心臓の筋肉(心筋)の中を走る細い血管が異常に収縮して狭くなることなどで、心臓の辺りに痛みが発症することです。



微小血管狭心症の原因

微小血管狭心症は、心臓の筋肉(心筋)の中を走る細い血管が異常に収縮して狭くなること、などが原因で起こります。

この、血管が狭くなってしまう原因に深く関係しているのが、女性ホルモンで、女性ホルモンは、45歳〜55歳の閉経前後に急激に減少しますが、いわゆる更年期と呼ばれる時期であり、この更年期に微小血管狭心症は起こりやすいといわれています。

胸痛発作の引き金になるのが、過労、ストレス、睡眠不足などです。更年期の年代の女性の10〜20%が、微小血管狭心症が原因の胸痛を経験しているとみられ、早い人では30歳代で自覚症状が出始める人もいますが、60歳代後半になってからが一番多く発症しています。

微小血管狭心症は大きな血管が詰まるわけではないので、命には直接かかわりませんが、少数ながら2年以内に虚血性心疾患で入院する人もいるデータがあります。
又、狭心症を起こす確率が高いことが、ごく最近のアメリカの研究で明らかになっています。
微小血管狭心症の初期症状
初期は、心臓の辺りの痛みで気が付きます。

微小血管狭心症の症状

 ◇ 胸部圧迫感
 ◇ 針でさすような痛み
 ◇ 息が詰まるような痛み
 ◇ 締め付けられるような痛み

微小血管狭心症の注意点

心臓と同じところに痛みがでますので、心筋梗塞などの重い病気も考えられますので、早い診察をお勧めします。

微小血管狭心症の予防法

千葉県立東金病院受診者調査よりますと、胸痛の発症年齢は、初発年齢は更年期の50 歳代前半に集中していた。とのことです。

女性ホルモンのバランスを整えることで、エストロゲンの減少に伴なう微小血管の縮小を防ぐ事ができます。

ナッツ類、海藻類などが、ホルモンの活性に影響の有る食材ですのでコンスタントに摂り、ストレスの解消に、半身浴、ア ロマテラピーや趣味の時間を作るなどで、自分に合う解消法を見つけましょう。
スポンサードサイト

微小血管狭心症の初期症状 はつらつかわら版
健康法あれこれ - サイトマップ - 会社案内
Copyright(C)2002koide corporation. all Rights Reserved.